FC2ブログ

赤の帳のその裏で

本音と建前  



中の人がブログを更新するのが億劫になっていることもあり、こっそりファンサイトのリンクを外したのですが、
ふとアクセス数を確認したところ、何故だかここ最近ぐーんと跳ね上がっておりました。
閲覧してくださっている皆さんの気になっている話題は、やっぱり掲示板の竜のアレコレなのでしょうか。


さて、竜のアレコレというのは、

「 個人所有の竜、数多すぎない? 帝国の総数より多いじゃん。」

――…という主張を受けたことによる、
有体に言うとすれば、設定にそぐわないから負荷をかけて冒険者たちの竜所有数を削ろうぜー、という仕様ですね。

まず最初に、私はこの主張をただの建前として受け取っています。
そうとしか思えなくなる程の悪感情が発露する場面を、とある場所で度々目にしてしまっているからですが、
そのことを少なからず残念に思いはすれど、それを理由に反対をするつもりもありません。


ジゼルとしては、自宅警備の竜をあまり増やさなければ特に問題はない、くらいのものです。
掲示板や手紙などで意見・要望を挙げて、個人的に思うところの最低ラインは仕様案で網羅されておりますし、
フェロウの世話をするという発想自体は面白いと思うので、後は成り行きを見守るのみですが……。


それでも、所有数の多いジャンネッタさんや……取り分け鬼島さんに対し、厳しい仕様なのに変わりはありません。
あれだけの頭数を揃えるのには、それなりの時間と労力を費やしてきたのでしょうし、
そこに後付けで永続的な負荷をかけて現状維持を困難にしてしまおう、というのは些か乱暴に思えます。

そこまでの負担を強いて調整をしなければならない程の齟齬なのか、正直分かり兼ねるところではあるのですが、
やるのであれば当然、それ相応のフォローアップが必要なのではないでしょうか。

でなければ尚の事 「 ルーチンノルマで焼け野原 」 が現実味を帯びるなぁ、といった印象です。



スポンサーサイト

category: PLの戯言

tb: --   cm: 7