赤の帳のその裏で

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

命懸けのじゃれ合い  


精霊が各地で荒ぶっている今日この頃ですが、縞猫の谷では野犬が大量発生しておりました。
Attentionを唱えて一歩歩けば、野犬にぶち当たる感じです。
竜殺しオーラで追い払ってはいたものの、体感7~8割方は占めているような……。
トヘ〇スが使えない場合の苦労が偲ばれます。

そんなこんなで、今までと様子の違う縞猫の谷の探索していたところ、まさかのナイトヴェイター再討伐。

大量発生した野犬に、食材集めと小遣い稼ぎを延々と邪魔される。
誰が言ったか多分最後のファンタジー、マスターコボルドに会心の一撃を鉄壁の守りで防がれる。
探索中のゲリラ豪雨(?)に煙草をやられる。

もしかしなくとも、静かにイライラを募らせていたジゼルが、盛大に八つ当たりでも炸裂させたのでしょう。


そういえば、ナイトヴェイターの仕様変更時の更新履歴に、こんなことが記載されていました。

> ナイトヴェイターと遭遇戦闘を行うかどうか、選択可能になる。
( 戦う場合は・・・じゃれあうようなもんです。命懸けですが。)

――…なるほど、なるほどなぁ( 納得 )


戦神の加護のおかげで、転職してからもモンスターと戦うのに不自由は感じません。
ゆるゆると冒険者の数も減ってきておりますし、対人戦第一主義者としては旨味が薄い状態なので、
ジゼルのお気楽下働きライフはまだまだ続きそうです。


スポンサーサイト

category: PLの戯言

tb: --   cm: 0

放蕩児の遍歴  


2017/6/27 夜…[0022] ジゼルが下働きにクラスチェンジしました。


料理、クッソ楽しーい!


念願だった戦神の加護を取得し、非戦でも十二分にモンスターと戦っていけそうなので、調理の勉強を始めました。

今回はクラスアップするつもりがないので、販売実績度外視、悠々自適の下働きライフを満喫しております。
質から材料を根こそぎ買い上げ、何やかんやと食べ物に加工し、適当に酒に打っ込む。
酒が仕上がれば、味見と称して丸っと飲んでは狩りへ。

一体、下働きとは。 ――…最早完全に、ただの放蕩者です。

其れ迄の主様があたふた探していそうと言われましたが、遊びに行ってくると書置きしたので大丈夫でしょう( 適当 )
そもそも、騎士の仕事はまともにしていなかったので。

当面の目標はガシガシ調理をして腕を磨き、超絶美味い茶をとある人物に淹れる&味覚矯正させることです。
あとは、元シェフに酒造りで及第点もらうことです。

しかしこれ、調理が楽し過ぎて戦闘職に戻れなくなりそう。


category: PLの戯言

tb: --   cm: 2

十字路の悪魔  


「 十字路には悪魔が棲みついており、代償を払うことであらゆる願いを叶えてくれる。」

この手の数ある与太話の中でも特に有名なのは、ロバート・ジョンソンのクロスロード伝説でしょうか。
魂を売り渡す契約で卓越したギターのテクニックと名声を手に入れたが、地獄の番犬に追われて契約通りに命を落とす。
27歳という若さでこの世を去った、伝説的なブルース歌手にまつわる話です。
実際の死因については諸説あるようですが、いずれも女癖の悪さが祟り、非業の死を遂げたとされています。

契約と取引はビジネス、と考えれば、悪魔は至極真っ当に仕事をこなしているに他らなず、
怖気づいて契約破棄だーとかごねる人間も相手にするんだろうな、なんて想像をすると複雑な気持ちになります。
悪魔稼業も楽じゃなさそうですね。

さて、取り立てに勤しむ悪魔や地獄の番犬すらも、易々と追い払えてしまいそうな冒険者溢るる帝国グレスですが、
この世界においての四ツ辻は、やはりラグーン遺跡の中にあるのでしょう。
強力なモンスターが跋扈する遺跡の奥の、巧妙に隠された怪しげな祭壇に安置されている魂の宝玉。
胡散臭さ漂うレアアイテムですが、命ではなく経験を糧に力を得られる安心設定(?)で冒険者に( 多分 )大人気です。

ジゼルもご多分に漏れずに入手しており、そろそろ次の使用が見込めそうなところまできました。
今のところは、戦神の加護か熟練度総数増加が最有力候補ですが……悩ましい。

しかしこの魂の宝玉、恩恵のラインナップに神々の加護があったりと、出処が一体何なのか気になるところです。


それはそうと、悪魔悪魔書いていたら、コンスタンティンが猛烈に観たくなりました。


category: PLの戯言

tb: --   cm: 5

蠢動  


モ〇ダー、あなた疲れてるのよ。

――と、PLが職場の戦友たちと死んだ魚をしながら声を掛け合う日々が続いております。
これだから4月ってヤツは……。

さて、すっかり春めいてきた今日この頃ですが、ジゼルは常冬の地にて長期戦の構えです。
スノードレイクは撒き餌なしでは結構遭遇率が低そうなので、のんびりと準備を整えていこうと思います。
ノックスに居座りついでに、一つ二つ、探し物も見つけておきたいところです。

一先ずは準備の一環として、ノックスに隠れ家を設置しました。
これで快適な雪国ライフを過ごせるというもの……、雪かきや薪割りも捗ります。
寒い地域の暖炉のある暮らしは、ヴィヴァルディの「 四季 」の「 冬の第2楽章 」がよく似合いそう。

それはそうと、下働き中のクララちゃんに貢ぎに行けないのが大変無念です……。
あとはもうそろそろ、フィアールカさんに萌え殺される気がしてならない( 真顔 )



( 4/25 追記 )

クララちゃんの召喚獣と化したジゼルが、クロスデンで大暴れ!

……というのは冗談ですが。
一度は縞猫の谷に装備を取りに戻る予定でしたし、別の用事でも迷っていたところなので出戻ろうと思います。
しかし、これで心置きなく貢げるというもの!

それから某所の呟きを見ていて、ロマサガ3をプレイしたくなりました。
私の中のノックスの雪原のイメージは、聖剣伝説レジェンドオブマナの「 駆け行く記憶 」という曲です。
そういえば、このゲームの中でも雪原で竜狩りしてたなぁ……という在りし日の思い出が。
内容も面白いですが、音楽が特に魅力的な名作だと思います。


category: PLの戯言

tb: --   cm: 7

凍て空を翔る  


モチベーションを回復するには、転職するのが一番効果があってお手軽な方法です。
ということで、気分転換に竜騎士になることにしました。

ナイトヴェイターを召喚できる本職というのは、あらゆる面で扱いが難しそうなので今まで何となく控えてきましたが、
このまま宝の持ち腐れにしておくのも大変勿体ないので、今後はフル活用していこうと思います。

今までの回避カウンター型の戦闘スタイルは当然竜騎士とは噛み合わない為、一先ずチャージ攻撃型にシフトチェンジ。
騎乗戦はフェロウの確保に訓練、専用装備やら幾つもハードルはあるものの、それ相応には強い印象です。
だだし迎撃戦で騎竜を使おうものなら、ドラゴンインペイラーで真っ二つにされる恐れがあります。
あとは、地味に移動が楽なのは嬉しい。

ジゼル的には、退屈しのぎと面倒事の回避の適う、フレキシブルな良い契約主でも見つけたんでしょう、多分( 適当 )
考えてみれば、性に合わないと言いつつ騎士やってる期間が結構長いなぁ……。


category: PLの戯言

tb: --   cm: 6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。